三井住友銀行カードローンをお申込予定の方は、
審査手続きの流れを覚えておきましょう。


その流れにはいくつかのステップがあります。


それぞれのステップにおいて何をしなければならないのか、
あるいは何が行われるのか、それを確認しておきましょう。


大まかなイメージとしては、



ですが以下、詳細を確認、
把握できるよう解説していきます。


最初はお申し込みから

三井住友銀行カードローンの審査の流れは、
始めに申し込みを行います。


申し込みの仕方はいくつかありますが、
インターネット契約を希望する場合、
三井住友銀行カードローンの公式サイトから行うことができます。



公式サイトにアクセスしたら、
審査申込のためのページがあるのでそこに、
必要事項を記入して送信します。


こうすると申込手続きが完了し、その後審査手続き開始されます。


一方インターネットではなく、
店舗窓口から申込を行うこともできます。



こちらはネットに比べて時間と手間はかかりますが、
対面で申込を行うので安全かつ確実です。


なお申込の仕方は、全部で2種類あります。


これは利用したい限度額に応じて分けられているものですが、
どちらを申し込むかでその後の審査の流れに影響しますので注意しておいてください。


ちなみに限度額が多いほうで、
申し込みを行うと審査手続きに時間がかかる可能性があります。


ともかくも三井住友銀行カードローンの審査は、
最初に申し込みを行うところから始まります。


完了メールの到着と本人確認

さて申し込み手続きが終わったら、審査は次の段階に進みます。


まず申し込みが終わった後、
すぐに申込完了メールが届きます。


これは申込がきちんと行われたこと、
相手がそれを確認したことを知らせるメールです。


このメールの到着によって、
申込手続きができたことを確認することができます。


そして完了メールが届いた後は、
今度は本人確認の電話がかかってきます。


これはどういうものかというと、
申込手続きのときに提出した本人情報が合ってるかどうか、
確認するための電話連絡です。


申込では名前や住所などを知らせたはずですが、
その一つ一つの情報が正確かどうかを確認していきます。


本人確認の電話は、
質問されたことに答えるだけの簡単なものですが、
何か不備があれば手続きが進められないこともありますので、
気を付けておいてください。


本人確認のポイントは、
申込手続きをした人間が本人であるかどうかを確認することです。


完了メールの到着と本人確認を通過したら、
次は在籍確認となります。


勤務先への在籍確認が行われる

申込から本人確認まで済んだら、次は在籍確認が行われます。


これまで一度も銀行カードローンを利用したことがない方は、
ご存知ないかもしれませんが、この手続きはとても重要なものとなります。


なぜなら在籍確認というのは、
申込者の勤務先に電話をかけて本人確認を行う作業のことだからです。


自宅に電話をかけられるのはまだ安全ですが、
勤務先に電話かかってくるとなると、申込者としては不安な気持ちになります。


その電話を同僚や上司にとられてしまったら、
それによって自分の借金がバレてしまうかもしれないと考えてしまうからです。



もちろん電話をかけるときは銀行だと、
分からないようにしてくれますので、実際にバレるということはまずありません。


それでも勤務先に電話がかかってくるというのは、
申込者にとっては緊張の走る瞬間となります。


しかしその緊張の在籍確認を通過したら、
いよいよ審査も大詰めを迎えます。


属性審査と審査結果の通知

在籍確認が行われたら審査も最終局面を迎えますが、
その在籍確認と同時に行われるのが本人属性の審査です。


本人属性とは本人に関係したさまざまな個人情報のことです。


例えば、


  • 年収や住所
  • 勤務先や職種
  • 他社借入件数
  • 金融事故履歴

といったことです。


こした属性は本人の信用と、
返済能力を知る重要な判断材料となりますので、
銀行もここを入念にチェックします。


在籍確認も重要でしたが、
この属性審査もかなり重要なものです。


この本人属性の審査を通過し在籍確認も済んだら、
正式に審査通過となります。


流れの一番最後にやってくるのは、審査結果の通知です。


これは結果の内容に関わらず行われるものですが、
メールや電話によって審査に通ったかどうかが伝えられます。


この審査結果の通知をもって、
三井住友銀行カードローンの審査手続きは全て終了します。


審査に通った人はこの後、契約を完了させてカードを受け取るだけです。