三井住友銀行カードローンを申し込む場合、
収入証明書の提出は必要なのでしょうか?


今回はこの問題について詳しく解説していきますので、
三井住友銀行カードローンの申し込みを考えている方はぜひご覧ください。


そもそも収入証明とはなにか

収入証明が必要かどうかを紹介する前に、
まず収入証明とは何かをご説明します。


これが分からなければ、
この後に紹介する内容も理解できなくなります。


収入証明とは本人の収入状況を証明することをいいます。
端的にいえば、本人の年収がいくらだったかを証明するということです。


これらを証明した書類のことを、
一般に収入証明書類といいます。



銀行や消費者金融からお金を借りるときは、
普通はこの収入証明書類の提出が必要になります。


その理由はこの書類によって、
申込者の返済能力や信用性を証明することができるからです。


銀行にとっては返済能力のない相手にお金を貸すことはできません。


しかし返済能力のある相手には貸し出すことができるので、
その能力を確かめるために収入証明書類の提出を求めるのです。


一方利用者としても、収入証明書類を提出することによって、
銀行から信用を得ることができます。


カードローンの申し込みでは基礎的な部分になりますが、
重要なポイントでもあるのでぜひ覚えておきましょう。


三井住友銀行カードローンで収入証明は必要か

申込者の収入証明は必要でしょうか?
それとも不要でしょうか?


これについては結論からいえば、
提出が必要になる場合と不要な場合があります。


まず収入証明が必要になるのは、
借入金額が300万円以上のときです。



このときは必ず収入証明を提出しなければなりません。
その理由は、300万円以上の借入というのは高額融資になるからです。


銀行では高額融資を行う場合、
返済不能のリスクをさけるため本人の収入状況を厳しくチェックします。


その収入状況を証明するのが、収入証明書類ということになります。
一方収入証明が不要になるのは借入金額が300万円以下のときですが、
この場合は収入証明書類を提出する必要はありません。


このように三井住友銀行カードローンでは、
収入証明の提出が必要になる場合といらない場合があります。


収入証明書提出の必要と不要を分けているのは、借入希望金額です。


個人事業主の方は提出が必要になることもある

三井住友銀行カードローンにおいては、
借入金額が300万円以下であれば収入証明は不要と紹介しましたが、
実は例外もあることを覚えておいてください。


その例外とは、個人事業主が申し込みする場合です。


個人事業主の方が申し込むときは、
借入金額が300万以下であったとしても、
収入証明書の提出を求められることがあります。


その理由は個人事業主の方は会社員ではないので、
収入状況が把握しづらいからです。


そして申込者の収入状況が把握できないことは、
銀行にとってはリスクになりますので、この場合は借入金額に関係なく、
収入証明書の提出が求められます。


ただし申込者によって提出不要になることもありますので、
必ずしも個人事業主の申し込みで収入証明書が必要になるわけではありません。


ただしこうした例外ケースがあることだけは覚えておいてください。


どういう立場の方でも、万が一のことを考えて、
あらかじめ収入証明書類を用意しておくといいでしょう。