三井住友銀行カードローンに申し込みするとき、
保証人は必要なのでしょうか?


一般に銀行で融資を受けるときは、
保証人を用意しなくてはならないというイメージがあります。
では三井住友銀行カードローンの場合はどうでしょうか。


三井住友銀行カードローンでは保証人は必要ない

お金を借りるときは保証人のことを気にされる方も少なくありません。


しかし三井住友銀行カードローンを申し込む場合、
実は保証人は必要ありません。


銀行なのに珍しいと思われるかもしれませんが、
実際に規定を調べてみれば分かりますが、



保証人を求めていません。
これはどういうことを意味するかというと、
三井住友銀行カードローンを利用する時、
自分だけの名義で申し込みができるということです。


言い方を替えれば、
親族や知人に保証人を依頼する必要もなくなるということです。
これは利用者にとって大きなメリットになるでしょう。


なぜなら、誰かに保証人を依頼したり、
書類への記載をお願いするのは心の痛むことだからです。


保証人をお願いする人が親しい人であればあるほど、
申し訳ないという気持ちになります。


だから保証人なしで三井住友銀行カードローンが利用できるというのは、
利用者にとっては大きなメリットなのです。


保証人を用意しなくてもいい理由とは

三井住友銀行カードローンで保証人を用意する必要がないと聞けば、
不思議に思われる方もおられるかもしれません。


なぜなら銀行で融資を受けるときは、
必ず保証人が必要だというイメージがあるからです。


ではなぜ、三井住友銀行カードローンでは保証人が必要ないのでしょうか。


この理由はとても簡単で、ずばり、
三井住友銀行カードローンは保証会社と契約を行っているからです。


要するにこの保証会社が保証人になってくれるので、
わざわざ新しく保証人を立てる必要がないのです。


債務者が返済できないなどトラブルがあったとき、
トラブルを保証してくれるのが保証人ですが、
その役割を担っているのが保証会社というわけです。


このような理由で三井住友銀行カードローンを申し込むときには保証人は必要ありません。


なおここでいう保証人とは「連帯保証人」のことを指しています。


三井住友銀行カードローンを利用したいけど、
保証人が立てられないから利用できないと思っていた方はこれで安心することができるでしょう。


保証人と審査結果の関係について

ところで三井住友銀行カードローンの審査を受けても、
残念ながら落ちてしまう人もいます。


こういう場合は次のように考える人もいるかもしれません。


それは、改めて保証人を立てれば、
審査に通過できるかもしれないということです。



しかしこれについては、
確かなことを断言することはできません。


ただし保証人を立てておけば、
保証人を立てない場合より審査に通過しやすくなるでしょう。


一方三井住友銀行カードローンでは保証人の仕組み自体がないので、
そのことがどこまで審査結果を左右するかは分かりません。


というわけで、
保証人を立てれば審査に必ず通ると考えるのはやや拙速です。


すでに紹介したとおり、
三井住友銀行カードローンの保証は保証会社が行っています。


よって厳密にいえば三井住友銀行カードローンにも、
保証の仕組みはあるのですが、保証を行っているのは、
申込者が立てた保証人ではなく保証会社だということです。


この点を誤解しないように気を付けておいてください。