消費者金融には総量規制があるけど、
三井住友銀行カードローンの場合はどうなの?


ここでは三井住友銀行カードローンと、
総量規制の関係について、詳しく解説しています。


そもそも総量規制とはなにか

三井住友銀行カードローンの総量規制について、
説明する前に、まずは総量規制の概要を紹介しておきます。


ほとんどの方がご存知だと思いますが、
中には総量規制のことを知らないという方がおられるかもしれないからです。


総量規制とは、債務者に融資されるお金の上限を規制するで、
債務者の借りすぎを防ぐために設けられている規制です。


この規制は借り過ぎによる、
破産してしまう人を防止するために定められました。


では実際にどのように規制されているか、詳しく見ていきましょう。


総量規制とは

総量規制における現在の取り決めでは、
申込者の年収の3分の1を越える金額を融資してはならないと決められています。


年収の3分の1ですから、
300万円の年収がある人は、
100万円以上の借り入れができないことになります。


これが総量規制の概要になります。
それでは、三井住友銀行カードローンにおける総量規制に話を移しましょう。


三井住友銀行カードローンは総量規制の対象外になっている

総量規制があるなら高額融資は見込めない、
と考えてる方もおられるかもしれません。


そういう方はどうぞ安心なさってください。


なぜなら銀行からの融資は総量規制の対象にはならないからです。



総量規制の対象にならないということは、
借入金額について法的な制限はないということです。


これはどういうことかというと、
貸し手と借り手の合意さえあればいくらでも融資ができるということです。


借入金額の上限を定める、
総量規制の対象にならないわけですから必然的にそうなります。


そもそも銀行は申込者の信用をしっかりと担保してから貸付を行うので、
この意味で厳しく借入上限を定める必要がありません。


つまり銀行にお金を借りにくる人は、
社会的信用が高くて返済能力の高い人が多いということです。


いずれにしても三井住友銀行カードローンは、
総量規制の対象ではないので、借入限度額を気にすることなく借入を行うことができます。


総量規制対象外でも無制限に借りられるわけじゃない

三井住友銀行カードローンが総量規制の対象外だと知って、
高額融資希望者は安心されているかもしれません。


確かに総量規制の対象外であることは、
多額の借入をしたい人にとっては安心材料となるでしょう。
しかし、次の点を覚えておく必要があります。


それは総量規制の対象外だからといって、
無制限にいくらでも借りられるわけではないということです。


総量規制はあくまでも国が定めている決まりであり、
それとは別に三井住友銀行カードローンが定めている決まりもあります。


その決まりによれば、三井住友銀行カードローンには、
借入の利用限度額が定められています。


これ以上は借りられないという、
明確な線引きがちゃんとなされているのです。


ですから三井住友銀行カードローンは、
総量規制の対象外ですが、無制限には借りられません。


誰であっても申込者の属性に関わらず、
利用限度額の範囲内でしか借入することができないのです。
この点はしっかり覚えておいてください。